MENU
白い雲まにあ
My Natural Garden & Cafe
人物

仲井慎(下関国際)の彼女はいる?両親や家族と離れて寮ではどんな生活?

2022年の夏の甲子園がアツい!

いよいよ迎える決勝戦に期待が高まっています。

それもそのはず

予想されたAランク校がことごとく敗退。

決勝戦でどちらの高校が優勝しても素晴らしい快挙になる事は間違いないのですから。

 

今一番気になる注目選手と言えば仲井慎選手ですよね。

普段どんな高校生活を送っているのか

彼女はいるのか

家族は  など

この記事では注目の下関国際高校より仲井慎選手について調査しました。

仲井慎(下関国際)の彼女は?

仲井慎選手の活躍が注目されています。

そこで「彼女はいるのか?」とウワサが出てきましたので調査。

調べてみましたが、現在のところ彼女の存在はありません。

SNS投稿など本人の匂わせなどを調べましたが、残念ながら特にそのような本人からの書き込みは見られませんでした。

今は野球一筋なのかもしれません。

仲井慎(下関国際)の両親や家族は何人?

仲井慎選手の家族とはどんな方々なのでしょう。

詳しい情報は見つかりませんでしたが、もしかしたら野球経験者なのかもしれません。

調べてみるとお父さんの画像が見つかりました。

息子の活躍に喜ぶお父さん連中の笑顔がまたいいですね。

父親が野球経験者で、幼い頃教えていたり、コーチをしていたりと言う家庭も多くいらっしゃいます。

写真を見ると兵庫県西脇市のグラブ店舗の店長さんとも仲がよさそうです。

お父さんが、これまで息子さんの野球に関して積極的に携わってきたことに間違いないようでしょう。

 

お母さんや兄弟については情報が見つかりませんでした。

中学まで西脇市で野球をし通学していましたが高校は山口の下関国際高校に野球留学しています。

これにお父さんも賛成し、送り出していることが判ります。

仲井慎(下関国際)の寮ではどんな生活?

仲井慎選手のいる下関国際高校の野球部には県外からの生徒も多くいます。

中学から高校に入学のタイミングと同時に親と離れて暮らす為心細さもある事でしょう。

そんな彼らは寮で生活をする事となります。

寮が出来たのは2020年。

今の3年生はこの寮が出来た時に入寮しているんです。

 

仲井慎選手を始めとする球児たち。

寮生活を通じて寝食を共にしながらの仲間が、今甲子園で一丸となって実力を発揮できているのです。

寮生活がいい方向に結束力を強めているとも言えそうですね。

 

寮には何人暮らせるの

下関国際高校の野球部の寮は4人部屋で、20室あり80名の学生が生活できます。

グランドからはわずか50メートルしか離れておらず、時間いっぱいまでグランドで練習することが出来便利です。

まさに野球に重きを置いた生活になっています。

 

ちなみに野球部に入る際には約束事があり、生活や練習にも決まりがあります。

携帯電話の解約は入部前すること

朝練は5時から7時

夕練は16時から23時

寮での生活

水・牛乳・スポーツドリンク・100%ジュースしか飲んではいけない

買い食い禁止

SNS禁止

などが決められています。

自主性に任せ、やるのを待っている間にあっという間に3年間が終わってしまいます。

あえて厳しいきまりを作って縛り、半強制的に指導することで今の野球部を作り上げる改革をしたのは坂原秀尚監督です。

しかしこの寮生活を取り入れてから、厳しい練習を乗り越え粘り強さを学んだおかげで2022年の夏の甲子園は脚光を浴びていると言えます。

 

強豪チームを作り上げる改革に多くの月日をかけているんですね。

仲井慎選手はこのような厳しさに中ストイックな野球生活を送ってきたことに間違いありません。

彼女のウワサも聞かないわけが分かりますね。

まとめ

仲井慎(下関国際)の彼女はいる?両親や家族と離れて寮ではどんな生活なのかを調査しました。

仲井慎選手は下関国際高校の3年生です。

彼女は現在いないものと予想されます。

それと言うのも県外留学で下関国際高校に入る生徒も多いですが、寮生活のスケジュールがエグイんです。

朝からみっちり野球漬け。

 

こんな生活の中彼女との時間が取れる気配がありません。

下関国際高校へ送り出してくれたお父さんやご家族の期待は大きいでしょう。

今後の活躍からも目が離せません。

ABOUT ME
もも
こんにちは、ももです。 「白い雲まにあ」にお越しいただきましてありがとうございます。 このブログでは、 ・音楽に関する知りたい情報 ・心を弾ませるコラボ情報 ・世間の話題をわかりやすく などなど、日常の「知りたい!!」にスポットを当てて、わかりやすく伝えていきたいと思います。 好きなことや関心をお持ちのイベントに参加される際に一読していただき、お役に立てるとうれしいです。 これからのご家族やご自身の時間が、より楽しくお過ごしになれましたら幸いです。