白い雲まにあ
My Natural Garden & Cafe
人物

前田悠伍(大阪桐蔭)の出身小中学校は?父兄も野球選手でカッコいい!

高校野球から目が離せない時期がやってまいりました。

夏の風物詩ともいえる白熱の甲子園。

強豪校がひしめく中、大阪桐蔭高校では注目選手が光っています。

 

この記事では気になる注目株の一人である前田悠伍選手にスポットを当てていきます。

 

前田悠伍選手の(大阪桐蔭)の出身小中学校は?

家族がどうやら野球とかかわりがあるらしいのでご紹介してまいります。

前田悠伍は大阪桐蔭で活躍

大阪桐蔭高校2年生である前田悠伍選手が甲子園で大活躍です。

 

プロを目標して体を作っているという前田悠伍選手。

左利きのマルチプレイヤーにスカウトの視線が熱く注がれます。

前田悠伍の出身小学校は?

小学校は地元の長浜市の公立に通います。

小学校:長浜市古保利小学校

所在地:〒529-0265 滋賀県長浜市高月町西柳野38

小学2年生の頃「高月野球スポーツ少年団」に入ります。

1塁手屋外野手をしていましたが、4年生になると憧れの投手になります。

 

6年で出場したバファローズカップで好投したことがきっかけで更に野球に目覚めます。

その投球がオリックスバファローズジュニアの関係者に目に留まり、「オリックス・ジュニアのトライアウト受験」を勧められたそうです。

オリックスジュニアの存在はそこで初めて知ったということです。

 

勧められるままトライアウトを受けると見事に合格!!

 「プロ野球のユニフォームを着ているということでけっこうプレッシャーもありましたが、その中でも楽しみがありました」

と「オリックス・バッファローズ・ジュニア」での思い出を語っていました。

 

前田悠伍の出身中学校は?

前田悠伍選手は高月中学校出身です。

所在地:〒529-0241 滋賀県長浜市高月町高月2491−1

中学時代は名門の『湖北ボーイズ』にて2018~2020年プレーをしています。

1年の時にカル・リプケン12歳以下世界少年野球大会の日本代表に選出されます。

全国の仲間と共に出たその大会で、日本は3連勝を果たチームに貢献しました。

活躍目覚ましい中学時代。

名門の『湖北ボーイズ』でも「世代No.1左腕」として不動のエースの座にいたようです。

切れ味抜群の速球。

多彩な変化球。

打者を類に出さないその実力に大阪桐蔭への進学が決まったようです。

憧れは同じく『湖北ボーイズ』での先輩横川選手や土田選手です。

プロを目指す心構えはこの時すでに出来ているんです。

前田悠伍の父や兄も野球選手でカッコいい!

前田悠伍選手のお父さんはどうやら野球経験者のようです。

残念なことに、その画像や情報については2022年8月現在見つけることが出来ませんでした。

 

出典:https://www.hb-nippon.com/column/1940-bukufuyu19/13235-20190203no029bokufuyu19/gallery/photo/1

前田悠伍選手のお兄さんについては野球選手であったことが判っています。

しかも笑顔が爽やかでカッコいい!!!

そして名門の『湖北ボーイズ』には兄の前田詠仁さんも所属し、プレーしていましたが『湖北ボーイズ』では弟とプレーの次期は被らなかったようですね。

4歳年上のお兄さんの前田詠仁さん。

前田悠伍選手の野球のきっかけはお兄さんとお父さんだそうです。

父と兄の影響で野球を始めた

 

 

弟の前田悠伍選手と違い右利きのプレイヤーとして活躍していました。

高校は滋賀県の過去に5甲子園出場校した伊香高校出身です。

しかもプロ野球選手を2人も輩出している野球高です。

兄の前田詠仁さんは甲子園出場選手ではありませんでしたが、弟の野球のきっかけとなった方でもあります。

まとめ

前田悠伍選手は大阪桐蔭高校の2年生です。

出身小中学校はこちら

小学校:長浜市古保利小学校

中学校:高月中学校

小学校の頃から世界一を体験するなど才能あふれる存在なのは間違いありません。

 

父親やお兄さんもまた、野球経験者と言うことで家族の応援が後押しにもなっているのでしょうね。

今後ますます驚異の活躍ぶりが観られるのでは!と楽しみです。

ABOUT ME
もも
こんにちは、ももです。 「白い雲まにあ」にお越しいただきましてありがとうございます。 このブログでは、 ・音楽に関する知りたい情報 ・心を弾ませるコラボ情報 ・世間の話題をわかりやすく などなど、日常の「知りたい!!」にスポットを当てて、わかりやすく伝えていきたいと思います。 好きなことや関心をお持ちのイベントに参加される際に一読していただき、お役に立てるとうれしいです。 これからのご家族やご自身の時間が、より楽しくお過ごしになれましたら幸いです。