白い雲まにあ
My Natural Garden & Cafe
人物

仁藤夢乃の身長や体重プロフィール!活動のきっかけや経歴現在を調査!

社会活動家として10代の少女たちを支える活動をしている仁藤夢乃さん。

繁華街などで少女たちを保護したり、声をかけたりしています。

 

行き場のない少女たちの事を考える仁藤夢乃さんとは、どのような人物なのか気になりますね。

この記事では仁藤夢乃さんの

身長や体重プロフィール!

どんな活動経歴なのか

収入について調査しました。

仁藤夢乃の身長や体重プロフィール!社会活動の経歴や収入調査!

仁藤夢乃の身長や体重プロフィール!

仁藤夢乃の身長や体重プロフィールについて見ていきます。

名前:仁藤夢乃(にとう ゆめの)

出身地:東京都町田市

生年月日:1989.12.19

年齢:32歳(2022.7現在)

身長:158.8センチ

体重:未公表

血液型:AB

職業:社会活動家

学歴:明治学院大学社会学部

仁藤夢乃の社会活動のきっかけや経歴とは?

仁藤夢乃の社会活動のきっかけについてまとめました。

現在、一般社団法人Colaboの代表を務めている仁藤夢乃さんです。

Colaboは女子高生サポートセンター。

夜の街を徘徊する行き場のない少女たちに声をかけたり食事を提供するなどして支援を行っています。

高校生の頃、家庭環境により家に居つかずの昼夜逆転生活を送っていました。

夜の街渋谷で誰かに会うことでしか安心感を得られなかった仁藤夢乃さんは高校2年生で中退します。

夢もやりたいことも見つからなかった。

そして勉強にも身が入らずただ予備校に通っていました。

 

支援を考えるようになったきっかけは、「農園ゼミ」の阿蘇敏文さんとの出会いでした。

どんな生徒にも正面から向き合ってくれたおかげで少しずつ頭の中が整理されていったそうです。

阿蘇さんとフィリピンを旅した際に見た光景。

同年代の女の子が日本人男性に買われていく姿。

これが高校時代に見た渋谷で起きていたことと重なり何とかしようと決意したのがきっかけなのです。

人を助けられるようになりたい仁藤夢乃さんは、2008年4月に大学に進学し、支援活動を始めます。

そして東日本大震災で宮城県女川に行くと、そこでまた孤立している子がいると気づきました。

 

Colaboを立ち上げたのはこの時2011年5月のことでした。

女川高校生と地元企業と一緒に「支援金付大福」を開発し、3カ月間で3万3700個を売り上げました。大学を卒業したら少女に関わることをしたいと思っていたので、法人化して本格的に活動を始めました。

引用:産経新聞

2013年3月大学を卒業すると『難民高校生』を出版します。

2015年2月9日の文芸春秋3月号には『日本を代表する女性120人』に選ばれています。

同年の2015年12月28日には日経ビジネスの『次代を創る100人 闇からの救世主 MESSIAH』に選ばれています。

いかに彼女の活動が注目を集めてきたのかが分かります。

 

仁藤夢乃の現在の活動

仁藤夢乃さんは現在Colabo代表として様々な活動を行っています。

大人を対象として

「夜の街歩きスタディツアー」を実施し、子供がさらされている危険について」伝えています。

対象となるのは、新宿・渋谷・池袋・秋葉原といった若者の集まりやすい繁華街を含む都市です。

少女たちの手記展示を2016年に開始

「私たちは『買われた』展」

展示で全国を巡回したことで、1日300件の誹謗中傷が届いたということです。

YouTubeチャンネル『のりこえねっとtube』番組の配信。

「シリーズキモいおじさん」…セクハラや風俗で出会ったキモいおじさん等について語っている

 

まとめ

仁藤夢乃の身長や体重プロフィールについてまとめました。

社会活動家として少女に対する支援を行う背景には、仁藤夢乃自身の経験した高校時代や出会った人々が関係していました。

 

強い影響を受けたとされるのは阿蘇敏文氏との出会いです。

この出会いがきっかけとなって、将来が変わってきました。

 

「将来少女たちを助ける支援を行いたい」とする決意と共に大学に進学した仁藤夢乃さん。

卒業後の現在は、社会活動家としてColaboを立ち上げ少女たちの支援を行っています。

切り口が独特で批判もおおくあり、注目されている人物です。

今後の活躍に期待しています。

ABOUT ME
もも
こんにちは、ももです。 「白い雲まにあ」にお越しいただきましてありがとうございます。 このブログでは、 ・音楽に関する知りたい情報 ・心を弾ませるコラボ情報 ・世間の話題をわかりやすく などなど、日常の「知りたい!!」にスポットを当てて、わかりやすく伝えていきたいと思います。 好きなことや関心をお持ちのイベントに参加される際に一読していただき、お役に立てるとうれしいです。 これからのご家族やご自身の時間が、より楽しくお過ごしになれましたら幸いです。