白い雲まにあ
My Natural Garden & Cafe
人物

ユンソクヨルの妻(キムゴンヒ)が経歴詐称で謝罪!疑惑の内容や整形についても!

韓国の大統領選挙が22年3月9日に行われ、韓国の大統領となったユンソクヨル氏です。

野党「国民の力」より出馬したユンソクヨル氏ですが、選挙戦の足の引っ張り合いの中で妻の疑惑が取りだたされ話題となりました。

一体どんな人物なのか気になりますよね?

ユンソクヨル氏の妻がかわいい。

その美貌はホンモノなのか?

経歴詐称っていつどんな悪いことしたの?

かわいくて嘘つき?謎多き女性の様に聞こえますね。

果たして夫のユンソクヨル氏に影響はあるのか気になります。

この記事では、気になる渦中の妻、キムゴンヒ夫人とはどんな人物なのか迫っていきます。

 

ユンソクヨルの妻キムゴンヒが経歴詐称疑惑で謝罪!

韓国大統領選の渦中において明るみに出たキムゴンヒ夫人の経歴詐称疑惑です。

2007年水原女子大学に提出した教授任用志願書に書いた過去の経歴が嘘で盛られたものと分かったのです。

キムゴンヒ夫人が2021年12月に、この件に関し謝罪会見を開いています。

非難に対し「あまりに恥ずかしいことだった」とするキムゴンヒ夫人です。

 

ユンソクヨル氏は検事総長時代に、ムンジェイン政権のチョ・ググ氏の娘が虚偽の経歴で大学に不正入学した事実を捜査しています。

まさに同じ疑惑が自分の身に起こったわけですから、立場がありませんよね。

経歴詐称の内容とはどんなものだったのか調べてみました。

 

キムゴンヒ夫人の経歴詐称内容とは

「事実関係はともかく、国民に不便をかけ、謝罪する」と疑惑に対して述べたキムゴンヒ夫人です。

全てを認めたわけではありませんが、経歴詐称の疑惑は複数見つかっています。

求職中の嘘

求職中に書かれた履歴書の経歴欄にはこのように書かれていました。

現在H大学校、A大学校でコンピューター・デザイン実技・美術史・絵画実技の講義をしている。

これを受けたS大は2004年~2006年に色彩学・人間工学の講義を任せたということです。

ところがH大から「キムゴンヒ氏の講師在籍記録は無い」と公式発表された事から、嘘が明るみに出たのです。

学校のデータベースを確認しても在職履歴が全く存在しなかったそうです。

嘘の記述で採用したとなれば、学校側も大問題ですね。

存在しない肩書と嘘の受賞歴

2007年に水原女子大学の広告影像科教授として在職していたキムゴンヒ夫人は、大学に提出した書類にうその内容を記載したとして非難を受けています。

受賞歴欄にもこのように記されていました。

『ソウル国際漫画アニメーションフェスティバル大賞受賞』

実際この賞は複数人の制作会社の社員によるもので、キムゴンヒ夫人の貢献度はほとんどないそうです。

さも自分の手柄のように書かれたことに非難が集中したのは無理もありません。

 

職歴記入欄には「代表」を務めたとする肩書が書かれていました。

2002年~2005年の3年間

韓国ゲーム産業協会企画チーム 企画理事

韓国ゲーム協会の設立は2004年6月であり、キムゴンヒ夫人は、協会が存在する前から理事を務めている設立前から就任していると書いたわけです。

設立などはすぐにバレてしまう嘘ですよね。

そもそも「企画理事」という肩書は存在しないそうで、あまりにも安直に嘘を書いたことに驚きです。

設立の事実をあらかじめ知っていて、自分の経歴に利用したのですから、したたかとも言えます。

ユンソクヨル氏への影響は?

夫であるユンソクヨル氏は、疑惑が浮上した後も夫人を擁護し続けていました。

結婚前の私人の立場の際の事であっても、国民の期待を考えれば申し訳ない気持ちを持つ

ちょっといい訳が入っていますよね。

おかげで自身の支持率を下げることになったのですから、うその代償は大きいものです。

ファーストレディとしては今後の姿勢が責任重大ですね。

 

ユンソクヨルの妻キムゴンヒの美貌は整形?

ユンソクヨルの妻キムゴンヒ夫人はとても美しい方です。

そんな可愛らしい美貌も実は整形によって生み出されたものと報じられました。

韓国元民主党議員のソン・ヘウォン氏がFacebookにキムゴンヒ夫人の整形を提議する画像を載せたのです。

顔が変えたということはわかっていたが、よく見ると・・・瞳がとても大きくなっている

この様にコメントしています。さらに、スウォン(水原)地検のチン・ヘウォン副部長検事までもがこの書き込みに対し

「唇の形ははっきりしており、(以前の)下唇は前に少し突き出ていて、下顎は少し前に突き出ている。女性的な魅力と自尊心を回復する整形手術で外見を整えた良い例だと思う(観相の観点から)」

わざわざ載せたり、コメントをしたりということは、そこに非難する狙いがあったのかと思われます。公人がこのように個人を攻撃するとは怖いですね。

現在キムゴンヒ夫人のファンクラブ人数はうなぎ登りらしく、人気の高さがわかります。

過去と現在の公開された写真を見ると、目が大きくなり、鼻筋が通り、魅惑的な唇と整形は明らかですね。キムゴンヒ夫人は二重整形しか語っていません。

このことに対し、「目だけ整形といいながら他もやってるじゃないか!嘘をついている!」といった声は見られません。

K-POPアイドルも整形が当たり前の韓国です。整形によって女優並みに美しくなったとしてもさほど問題は無い様ですね。

 

まとめ

ユンソクヨルの妻キムゴンヒ夫人は経歴や受賞歴の嘘で謝罪しました。

在職歴のない記述。

設立前から就任。

存在しない肩書。

手柄を横取り。

思い付きのようなすぐにわかる嘘ばかりでした。

そのかわいすぎる美貌の人は、大掛かりな整形により自信に満ちているとも言われています。

プチ整形ではなかったのか?という疑惑に関しては国民も寛容なようです。

 

韓国の国民はかわいらしさに魅了されている反面、学歴や経歴については厳しい目を持っています。

ユンソクヨル夫妻を今後をどう受け入れていくのかが気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
もも
こんにちは、ももです。 「白い雲まにあ」にお越しいただきましてありがとうございます。 このブログでは、 ・音楽に関する知りたい情報 ・心を弾ませるコラボ情報 ・世間の話題をわかりやすく などなど、日常の「知りたい!!」にスポットを当てて、わかりやすく伝えていきたいと思います。 好きなことや関心をお持ちのイベントに参加される際に一読していただき、お役に立てるとうれしいです。 これからのご家族やご自身の時間が、より楽しくお過ごしになれましたら幸いです。